失敗しないための土地活用術とは

失敗しないための土地活用術には、太陽光発電事業と月極駐車場などがあります。太陽光発電事業は初期費用として結構お金がかかりますが、十数年以上継続できれば十分回収できます。一度設置すればほぼ毎月、売電収入が口座に振り込まれるため、不労所得として最適です。月極駐車場は、設置の際の初期費用はそれほどかからないです。軌道に乗せるまでが大変ですが、首都圏や駅の近くに設置したのなら、お客は徐々にやって来るので安心していいです。ただ、駐車場の名前を書いた看板がなければお客は来ないので、忘れないように注意です。どちらもリスクが低い土地活用方法ですが、失敗する可能性もあります。そのため、本業にはせず余剰資産で投資をすればリスクを最低限に抑えることができます。

土地活用方法として最適なのは太陽光発電事業

土地が余っていて、土地活用に悩んだ時は太陽光発電事業が最適です。日当たりが良い場所という条件がありますが、周囲に木々や建造物などの、日光を遮る物がない土地なら設置しても問題ないです。初期費用として結構な額がかかりますが、1度設置すれば毎月収入が入ることになるため、十数年以上続ければ費用を回収できます。ただ、売電価格は常に変化していることから、定期的に調べておく必要があります。価格は下がる場合がありますが、想定外と言えるほど安い値段にはならないので安心していいです。毎年5月から7月と9月は梅雨と秋雨の時期になるため、天気が出ない日が続きます。ですが、太陽が出ない日はいつか終わるので、雨が続いたとしても放置して大丈夫です。太陽光パネルのほうも意外と丈夫なため、雨ではびくともしないので安心して下さい。

駅の近くや首都圏なら土地活用方法に月極駐車場も悪くない

首都圏か駅の近くに限定されますが、土地活用方法に駐車場を設置するやり方もあります。駅の近くなら月極駐車場を置くと、電車を利用して通勤する人がお客になってくれる可能性があります。また、買い物などで商店街を利用したい人が駐車できるように、1時間無料とすればお客はさらに増えるかもしれないです。駐車場を設置する初期費用はそれほどかからないため、個人で始めやすいのが特徴です。設置して営業を開始すると、初めの頃はお客が来ませんが、3月から4月になるとお客がやってくる場合があります。お客がやってくる理由としては、主に新入社員として働き始めた、大学生になったなどが挙げられます。軌道に乗せるコツとしては、駐車場の名前や看板を利用して大きく宣伝することです。見えやすい位置におけばそれなりに集客効果が期待できます。