まずは基本から土地活用のメリットデメリット

土地活用とはひとことで言っても、対象となる土地の面積や形状、立地条件によって、採用できる種類というのはさまざまです。そうした種類によって、どの程度の収益が期待できるかという、肝心の部分も違ってきてしまいます。したがって、まずは土地活用の種類に応じて、それぞれのメリット、デメリットの内容を把握するとともに、具体的な土地のあり方に応じて、どの種類を採用するのかを検討するところからはじめなければなりません。こうした土地活用の検討にあたっては、個人でひたすら専門書を調べてというだけでは限界があることはあきらかですので、業者に相談をしてプランの提案をしてもらったり、収益と費用についての見積もりをしてもらうといったことも必要となってくるものです。

種類別にみた土地活用のメリットとは

土地活用のなかでも古くから王道といわれてきたものに、自宅とは別にアパートやマンションを建ててオーナーになるというものがあります。この場合、しかるべき不動産会社などに管理を委託しておけば、サラリーマンであっても片手間に収入が得られるほか、固定資産税の評価額が低くなったり、借地権の発生によって相続税を支払う金額が少なくなったりという、大幅な節税効果が期待できるというメリットがあります。また、土地にマンションなどの建物を建てた上で、その土地の価格にみあった区分所有権を取得するという、いわゆる等価交換方式による土地活用の場合には、建物の建築費用を別途用意する必要がありませんので、自己資金を失うリスクを負わないほか、買換え特例とよばれる税制上の特例が適用されるため、譲渡所得税が優遇されるというメリットがあります。

気をつけたい土地活用のデメリット

土地活用はメリットだけではなく、種類ごとに固有のデメリットも存在していますので、最初の段階での種類の選択も重要となってきます。たとえば、アパートやマンション経営の場合、経営が成り立つには空室率が高くないことが条件ですが、立地や家賃設定、築年数などの要素に応じて、空室率が高くなってしまうことがありますので、土地活用をしなかったときと比較した場合のリスクの高さがデメリットになってきます。また、等価交換方式であれば、建物の区分所有権はあったとしても、土地そのものは手放すことになるため、以後は自由に使えなくなってしまうということのほか、収益性という意味で、アパートやマンションをまるごと建てる場合よりも劣ってしまうことが多いというのがデメリットであるといえます。

他社との違いは土地環境調査力であり、様々な情報をあらゆる角度から分析することで、土地の魅力を引き出します。 急な出張や一時的に住まいを探してるお客様にピッタリの住居をご提供し、値段も安く家具も揃っているので安心です。 土地の状況によって、建てるアパートが変化するので掛かる費用も変動する。 土地を最大限に引き出せるための物件を供給。 30年先を見越した先見のアパート経営方法。 理想の土地活用を実現させよう